ごあいさつ 一昨年五月より六本木三丁目に新たな居を得、
そして昨年十月、東京ステーションホテルに初支店となる丸の内一丁目「しち十二候」をオープンいたしました。
日本料理の新たな一歩となりますよう精進を重ねつつ、旬の食材と味をお楽しみいただくために、
引き続き心温まるおもてなしを心がけて参ります。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ち申し上げております。

しち十二候 齋藤章雄


齋藤 章雄(さいとう あきお)

和食料理家。 1958年福岡県筑後市出身。
博多で板前修業を開始し、京懐石「柿傅」にて和食の修行を積む。代官山の日本料理「だいこんや」料理長、「センチュリーハイアット東京」鮨割烹「京」料理長、「ホテルセンチュリー静岡」日本料理・料理長、「グランドハイアット東京」日本料理・統括料理長、「コンラッド東京」日本料理・統括料理長を歴任。「しち十二候」を独立開店。 全国各地方の地域活性化を目指した食文化の普及活動を展開。日本料理文化の普及貢献を目的として立ち上げた会社「典座舎」代表。

全国日本料理技能士会師範、日本調理師連合会師範、社団法人日本料理研究会師範、社団法人日本全職業調理士協会(東京)理事を兼任。日本調理師「正友六進会」会長。日本パーティープランナー協会講師。式包丁生間(いかま)流門人。2001年全国技能グランプリ大会銀賞受賞。2001年シンガポールグルメサミット日本代表。2008年東京都優秀技能者(東京マイスター)、社団法人全国技能士会連合会認定「全技連マイスター」。

料理長のブログはこちら
日本料理 しち十二候